CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
Summer Sonic Day 2


Summer Sonic 2日目。Run River North → MO → Blossoms → METAFIVE → The Yellow Monkey → サカナクション→RADIOHEAD

マウンテンで最初に観たのは、サンフランシスコ出身のバンドRun River North。韓国系アメリカ人6人組のバンドで、サウンドは、オルタナティブロック。ロックに少し民族的な要素も入っていて、琴線に触れるメロディ。音につられたのか、徐々に観客が増えていって、かなり盛り上がった。一発目でいいバンドを発見できた。

今日のメインはRadioheadだけど、その前のイエモンとサカナクションのライヴも最高に良かった。どちらも曲がいいし、人気があるのも納得。新たな発見。サカナクションは、踊らせる、非常に練られたエンターテインメントショーで、すごく楽しかった。

トリのRadioheadは、2時間の濃厚な時間の中に感動が盛りだくさん。なんといっても「Creep」!イントロが聞こえた瞬間のスタジアムに響いた歓声の大きさは忘れられない。新作からもたくさん披露していたし、大満足のセットリスト。今年のサマソニでベストライヴ、一番感動したライヴだった。

今年のサマソニが終わってしまった寂しさで今はいっぱいだけど、今回も感動や楽しさをたくさん味わえて、やっぱりフェスはやめられない!と改めて思った特別な二日間だった。また来年!



| フェスのハナシ | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic Day 2 はじまり


Summer Sonic 2016、2 日目。朝から快晴。ホテル38階からの眺めは最高。こんな上から会場全体を見るなんて初めて。夕方からからもしかしたら雨かもしれず、そこが不安ではあるけれど、貴重なレディオヘッドのライヴ、かなり楽しみ。期待してます。
| フェスのハナシ | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic Day 1



Summer Sonic 2016 1日目。天候が不安定な中でも、運良く豪雨も避けられマリンで見てる時はド晴天。満喫できた1日目。観たのは、星野源→Charlie Puth→Panic! At The Disco→Pentatonix→Bullet For My Valentine→THE OFFSPRING!!!

全部よかった。星野源は、最後の「Sun」からの「Week End」からの「時よ」で感無量。バーイバーイ!で源ちゃんとお別れ。Panic! At The Discoは、これ生で出来るの?のQueenの「Bohemian Rhapsody」が見事!ブレンドンの身体能力と歌唱力に感動。BFMVは、低音バリバリの重厚感満載のメタルが気持ち良かった。Pentatonixは、Perfumeメドレーも楽しめた。そして本日1日目のメインはThe Offspring。ご無沙汰です。今回もベスト盤的なみんな楽しめるセットリスト。満喫しました。デクスターの笑顔、相変わらずとろけます。目がハート。やっぱり大好きオフスプリング!というわけで、1日目は終了。さて、2日目はレディオヘッドも楽しみだけど、MOとかイエモン、サカナクションも観たいよ!


| フェスのハナシ | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 2日目
サマソニ2日目。最初はソニックステージで、アメリカのバンドSmallpools。爽やかでハッピーな気分にしてくれて、1番目にいいもの見た!

そこから、これも見る機会はないだろうと思い、なんとGenerations。キレキレのダンスはさすがEXILEの人たち。生メンディーだ!と、これが見た瞬間の感想でした。

さて、お次は2日目のお目当て第一弾のMan With A Mission!相変わらず最高にかっこよく盛り上がる熱いライヴ。ヴォーカルの狼が観客の中に飛び込んでたけど、いろいろと大丈夫なんだろうか?と余計な心配をしてしまった場面も。

雲が移動して太陽が照りつける中、マリンに行ってカナダのバンドMagic! レゲエ調のナンバーが夏フェスにぴったりで、すごい盛り上がりだった。

次は2日目のお目当て第二弾のThe Script。心に沁みる曲を、全力で届けてくれた感動のライヴ。さすが実力派バンド、惹きつける力は半端ない!



引き続きマリンで、お次はZedd。人の入りがすごい!人でぎっしりのアリーナで、みんな両手を挙げてジャンプ。その光景が、なんとも気持ち良かった。彼の人気を目の当たりにした衝撃のライヴだった。

そのまま、Imagine Dragons。骨太すぎず柔すぎずのロックは、ハートに強く訴えてくる。たった3曲しか聴けなかったけど、このバンドのライヴは機会があれば全部見てみたい。

メッセに移動して、2日目のお目当て中のお目当てDJダイノジ!とその前に参加したDJやついいちろうにノックアウト。盛り上がるパートの前の「来るよ」の一言が面白すぎるし、観客全員にコントをやらせたり、お笑いの人ならではの盛り上げ方が半端なく面白すぎた!DJダイノジは、超お目当ての期待を裏切ることなく、汗だくで踊りまくりの至福の時間。オフスプリングやフジファブリックの鉄板ナンバーがありがたい。ここで余った体力をすべて消耗。ファレルを見ずにここにいるのはおかしいとわかってはいたけど、やっぱりこれなくしてサマソニは終われないのです。ファレル、見たかった…。

数%しか体力が残ってない体に鞭打って、どうしても見たかったMewへ。癒される柔らかくて優しい音が本当に心地よかった。そして、今年のサマソニのラストはディアンジェロ。そこに立っているだけで存在感がすごかった。

2日目も、押さえておきたいアーティストはすべて網羅。普段なかなかみることができないアーティストのライヴをくまなくチェックできた充実した2日間。いろんなアーティストを知ることができる、これがフェスの醍醐味なのだ!

今年のベストご飯は、マリンの台湾屋台のまぜそば。高菜、八角のきいたチャーシュー、ネギ、ひき肉の汁なしそば。友だちが、これは毎日食べられる!と豪語してたので食べてみたら、一口入れた瞬間に美味しい!と言葉が出たほど。あとは、コーヒーショップが出店していたのもありがたかったな。

心残りは、花火を一度も見なかったことだけ。さて、来年は誰が来てくれるかな。
| フェスのハナシ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 1日目
やってきました、サマーソニック!太陽が眩しい超晴天。暑いぞー。

まずは、マリンできゃりーぱみゅぱみゅ。こういう時じゃないと見ないから。この灼熱の中、みんな元気に飛ぶ飛ぶ。二階にいても、揺れを感じたほど。なんか楽しかったな。それからEchosmith。



まったりポップ感が爽やかで気持ちいいバンド。ヴォーカルの女の子が可愛い。

そこからメッセに移動。

All Time Lowで若さを満喫し、そこからレインボーステージで、イギリスの期待の新人バンドDarlia(ダーリア)。ギターの不具合があったりして、演奏が中断したりしたけど、轟音とグランジ的なサウンドは充分に堪能できた。これからが楽しみなバンド。

そこから、好奇心でBabymetal。すごい人気。それから、こういう時でしか見られないだろうジョンスペ。キャリアを感じさせるロック。その後は、お待ちかねのKodaline(コーダライン)。爽やかな曲が心に沁みた感動のライヴ。泣けるほど、素晴らしいライヴだった。今日のベストライヴ。

これも好奇心で、次はマウンテンステージでマリリンマンソン。こういう機会がないと見ないからの貴重なライヴ。すごい人気。

そこからマニックス。これも、見ておかないといけないバンドとして見た。ベテランの貫禄と圧倒的な存在感は圧巻。

という、今日の流れ。





今回は絶対見なければのアーティストがいなかったけど、知らないもの、知っておいたほえがいいもの、それを堪能できた一日。フェスって、その醍醐味って、本当はそこだよねと痛感した日。お目当だけじゃなく、知る機会を作れるのがフェス。明日は、The Script(スクリプト)!!また新たにこれだ!と思えるアーティストに出会えるのに期待。
| フェスのハナシ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Sweet Love Shower 2014






2年ぶりに来たSweet Love Shower。一番の目当ては、山下達郎。そこからのMan With A Mission!

日が暮れはじめたころ、絶好のタイミングで達郎さんのライヴがスタート。少し寒くなってきたからと、体が温まるようアップテンポの曲を多くしてくれたらしい。達郎さんの歌声にハートも体もほっこり。一曲竹内まりやさん登場。2年前もそうだった!お得な気分。1時間は短いけれど、とってもホットなライヴで良かった。

お次は、今日の締めくくりのMan With A Mission。人がたくさん、しかも、登場前からみんな踊りまくり盛り上がりまくりの大お祭り状態。ライヴが始まると、地面が激しく揺れた!オオカミたちのパワフルなパフォーマンスは、本当に楽しいし、すべてを発散。最近は、パンクなライヴでもタオルをグルングルン回すのね。豪快に花火が打ち上がり終了。

山中湖の湖畔でのんびりした時間を過ごし、ライヴを楽しめる、このフェスは気持ちに優しいのだ。来年も達郎さん出てほしいな。
| フェスのハナシ | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 2日目


Summer Sonic 2日目。前日と比べて、太陽燦々で、黙っていても汗が滝のように流れる猛暑。夏を満喫。

まずはマリンスタジアムでA Great Big World。気持ちのいいピアノの旋律と琴線に触れるポップなメロディが素晴らしいバンド。見ている人たちの笑顔がキラキラして、とっても幸せな気分になれた。次はLittle Mix。キレのあるダンスと圧倒的な歌唱力でカッコよかった。

メッセに移動して、マウンテンステージで、待望のRobert Glasper Experimentで、圧巻のパフォーマンスを堪能。この日一番、感動したパフォーマンス。



ガーデンで初めてのEgo-Wrappin'。海からの潮風、上空に絶え間なく飛んでいく飛行機、夕陽でオレンジ色に染まった空、すべてが曲にマッチ。ガーデンの牧歌的な雰囲気はとっても癒される。



メッセに戻るとSekai No Owariのライヴがスタートしてた。急いでマウンテンに向かい前半数曲を見た。独特の世界観、メッセージ、そして胸がキュンとするメロディを初めて体感して、彼らの人気に大いに納得。これは、みんな好きになる曲調だな。

Boom Boom Satellitesの轟音に身を任せて気持ちよく数曲躍った後は、千葉のまぜラーメンでお腹を満たす。メッセの食事スペースは、例年にないほどガラガラ。今年は明らかに人が少なかった。

締めはPixies!思ってた以上に迫力のあるライヴに新鮮な驚きを感じる。曲によって、ニルヴァーナなどのバンドに影響を与えたというのが明らかにわかる。ほとんど知らない曲だったけど、あまりにもカッコいいパフォーマンスと混沌としたロックに打ちのめされた。



サマソニ二日目は、あっという間に終了。今年もフェスの中で色々と変更されていて、不便になった(メッセでマリンスタジアムのライヴを写していたスクリーンがなくなるとか)面が目立った。人も少なかったし、15年目になった今でも、フェスをより良くするために試行錯誤してるのがわかる。そんな中でプラチナ的なものは、本当に必要なのかな。色々と思うところはあったけれど、最終的には、やっぱりサマソニは楽しいなと、13回行った今でも、毎年同じように、二日間を笑顔で思い出しながら実感できる。やっぱりサマソニって最高。

| フェスのハナシ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 1日目

サマソニ一日目!

まずは、ビーチステージでDJダイノジで思いっきり踊ってから、スキマスイッチ。「奏」から待望の「全力少年」まで、フルで堪能。スキマスイッチの曲って、全部最高にいい。

ビーチからメッセに移動。ノーマークだったWhite Liesの最後の一曲を見た。フー・ファイターズっぽいミディアムテンポの曲がかっこよかった。もっと見たら良かったと悔やまれたアーティストのひとつ。

その後は、マウンテンステージで、Suicidal Tendenciesを見てからの、初のGhost。スウェーデン出身のこのバンド、メンバー全員が黒の法衣を着ていて、なんだか物々しい雰囲気。曲は、メロディ重視のメタルなんだけど、とにかく格好が気になってたまらない。不思議な雰囲気の怪しいバンドだった。

そこから、Twenty One Pilots。待望の曲は聴き逃してしまったけれど、パワフルに観客を扇動するパフォーマンスは最高に楽しかった。

最後はAvenged Sevenfold。期待を裏切らない圧巻のライヴは、この日一番人気楽しめた。A7Xは、本当にカッコいい、刺激的なライヴを見せてくれる、最高のバンド。

豪雨もあり、施設も変わっていてマリンスタジアムの様子が見られなかったのは残念だったけど、かなり濃度の高いサマソニ一日目。知ららないアーティストを知る、これがフェスの醍醐味!を実感した一日目。

| フェスのハナシ | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 2日目 その3
17時からレインボー・ステージでDJ ダイノジ!最初にみんなで準備運動。曲が鳴り始めると、一気に人が増えて大盛り上がり!やっぱり楽しい!!みんなで同じ躍りを踊って、この日一番の汗をかいた。オフスプリングやブラー、レイジほか、Dragon Ash、Hi-STANDARDなどなど、どこのステージよりも熱気と勢いは凄かったはず。敵はマリン・ステージにあり!最後は「Don't Look Back In Anger」を熱唱。みんな肩を組んで、巨大な輪ができた。スッキリ!サマソニはダイノジを見ないと終われない。

ラストが少しずつ近づいてくる。空には稲光、そして雷鳴。

マウンテンでEARTH, WIND & FIREを数曲見てから、ソニックのJOHNNY MARR。私、何も知らずに見に行ったんだけど、一瞬で心奪われた!なんてカッコいいんだ!これがフェスの醍醐味。まったく知らなくても、聴いて自分に引っかかる音楽が見つかる。



本当にラストは、マウンテンでPET SHOP BOYS。最初に二人の姿を見た時は、思わず笑ってしまった。だって、洗車場のブラシみたいなのを着てるんだもん。その後も仮装大賞のように、服を替える。演出も奇抜。不思議な人たち。それでも、もちろんライヴは最高。踊れたし、懐かしい曲も聴けたし、最後に見るのをPSBにして良かった。思い残すことはない。

メッセのモニターでMr.Childrenを少し見たけれど、マリン・スタジアムの人の入りは昨日以上に見えた。さすがミスチル。その次のトリMUSEも、素晴らしく圧巻のライヴだった(途中までしか見てないけど)。

終わってしまった、今年のサマソニ。今年はこれまで以上に暑さが厳しかったのがキツかった。それ以外は、これまで以上に自分の枠以外の色んなアーティストが見れた。夏が、こうして終わっていく…。けど、気持ちはすでに来年のサマソニへ。楽しかったよ、サマソニ!
| フェスのハナシ | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Summer Sonic 2日目 その2
容赦ない暑さで、いったん避難すると、外ではカーニバル!



夏!ってかんじで元気でいい。踊るお姉さんたちのスタイルが抜群。

スタジアム内に戻って、IMAGINE DRAGONS。パワフルで美しくも熱のあるロックがカッコいい!和太鼓も使って、リズム隊の音がズシズシくる。LOVE & PEACEな人たち。音楽は、誰でもどこの人でも繋がることができる、といったような言葉がそれを証明してた。「Radioactive」は、胸にジーンときた。



これで今年のマリンとはお別れ。メッセに移動してHOT CHELLE RAYを2曲。アイドルっぽい甘いかんじで、マウンテン・ステージは人がいっぱい。

次はソニック・ステージで、PEACE。ヴォーカル君が白のオーバーオール!気だるさと色っぽさがあるのに、音はガッツリ骨太。ギターの轟音とうねりが気持ちいい。CDで聴くよりライヴのほうが凄まじくカッコいい。要チェックの新人バンド。

マウンテンに戻り、CARLY RAY JEPSEN。会場外まで人が溢れてる。しっかりした歌唱力で引き込む。ラストの「Call Me Maybe」では、彼女がピックアップした観客4人をステージに上げた。待ってましたの大合唱。文句なしの大ヒット曲の威力を見た。紙吹雪が舞って、華々しいフィナーレ。楽しいライヴった。

外は雲行きが怪しい。雨が降りそう。私はこれから、ダイノジからのアースで、ペット・ショップ・ボーイズ。まだまだサマソニは続く。
| フェスのハナシ | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/5PAGES | >>