CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
GWに行った美術館
写真家 ソール・ライター展(Bunkamura)

ニューヨークの写真家ソール・ライター。ファッション誌の写真も多く手がけているけれど、印象的なのは、イーストビレッジ周辺の日常を撮った写真の数々。被写体と全風景を写すのではなく、狭めた空間に写すことで絵画のように見える。ハッとするような色彩と、日常の何気ない瞬間をとらえてる。ライターの独特な被写体の選び方は興味深い。 6/25まで

オルセーのナビ派展(三菱一号館美術館)

なんとなく、影のある(本当の影ではなくて、精神的なもの)作品が多いような気がした。距離感や視線の向け方で緊張感を漂わせていたり、不穏な気持ちにさせるものもあったり。中でもフェリックス・ヴァロットンの、引き込まれる作品は印象的で好き。5/21まで。
| 普段のハナシ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2017年はじまり


明けましておめでとうございます。

2017年が良い年になりますように!
| 普段のハナシ | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2016年締め


2016年、今年はほとんど更新できなかった。悔やまれる…。今年ほど、早く一年が過ぎてくれないかと思う年はなかったと思う。心も身体も仕事も、すべてが不調の一年だった。けど、こんな年もあるのでしょう。今年の不調は今年に置いていって、来年はよい年にしたい。更新もしたい。

今年はGreen Day、Biffy Clyro、Feederなどなど、アルバム豊作の年だった。サマソニで観た星野源に感動して盛り上がり過ぎて、その後のWeezerを観るのを忘れてしまった、なんてこともあった。見るのが楽しみすぎて、これまでになく愛しいドラマになった『逃げるは恥だが役に立つ』は、最終回が消せないでいる。星野源、最高!尊敬する恩師が他界するという、思いがけない哀しいこともあった。あっけないほど、突然の別れは今年一番の出来事だった。仕事に挫折したし、お酒に飲まれたし、私という存在に悩んだりもした。きっと学ぶ年だったんだと思う。悪い年と思いながらも、そこから何かに気づけた年だったんだと思う。

まったく更新しなかったにも関わらず、立ち寄って頂きありがとうございました。来年もOne Fine Dayをよろしくお願いします。2017年が平和な一年になりますように。良いお年を。
| 普段のハナシ | 00:05 | comments(2) | trackbacks(0) | |
初めての白金台


白金台にある東京都庭園美術館。まずは本館で旧朝香宮邸の室内空間とアール・デコを堪能する。上品であり優雅さを感じる室内。随所に取り入れられたアール・デコが、その建築と室内を一層立派で素晴らしいものに見せている。自分の歩く速度と仕草まで、なんだかゆっくりとお行儀のよくなったかんじ。室内にもクリスチャン・ボルタンスキーの作品がいくつか展示されてる。新館では、二つのギャラリーでクリスチャン・ボルタンスキーの不思議な、なんともいえない作品を鑑賞。ギャラリー2では、床に敷かれた草の感触と香りを味わいながら、スクリーンに映し出された風景を鑑賞する。味わったことのない、不思議な作品だった。初めての白金台。セレブリティな雰囲気はあるけれど、美術館もその周辺も、とても居心地の良いところだった。
| 普段のハナシ | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Feeder イベント
11/4、タワーレコード渋谷店でFeederのイベント。アコースティックで「Paperweight」「Eskimo」、そしてライヴでは初披露だという「Oh Mary」(だと思う)の3曲を披露。どの曲もアコースティックで違った雰囲気の曲になっていて、すごく良かった。ライヴ後はサイン会。グラントもタカさんも、とってもフレンドリーで、さらにフィーダーが好きになった。このアルバムは宝物。

| 普段のハナシ | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
鎌倉の素敵なお店満載の本
鎌倉は好きでたびたび行くのだけど、毎回、食事をする場所に困ってる。海岸沿いのお店は、どこも待ち時間が優に1時間超えだったり、予約なしでは入れなかったり。せっかく行くからには、美味しいものを食べたい。そんな時に出会ったのが、『鎌倉 のんで、たべる。』



著者の赤澤かおりさんが、鎌倉の馴染みのお店を紹介してくれている本。それぞれのお店と店主に深い愛を感じる魅力的な文章と、すぐにでも食べたくなるお料理の素敵な写真が満載。一軒ずつじっくりと読み込んでいく。鎌倉に住んでいたら、ぜひすべてのお店を巡りたいと思うし、素敵な馴染みのお店が近くにある著者を羨ましく思ってしまう。いいなあ。この本を開いて最初に登場するお店が"カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ"で、そこのオムライスの写真を見た瞬間に、ここに行きたい!とすぐに思って、先週末はまずそこに行ってきた。これまでオムライスを好んで食べることもなかった私を一瞬で惹きつけた写真と文章。そして、迷わずに注文して食べてみたら期待を裏切らない美味しさ!優しくてまろやかなコーヒーの味は、店主の人柄がそのまま出ているよう。とても居心地のいい空間で、落ち着けるお店だった。これまで何度もこのお店の前を通ったことはあったけれど、ずっとスイーツだけのカフェだと思っていたし、いつも待ちの列があったりで、この本に出会わなければ入ることがなかったかもしれない。そのあとも鎌倉から長谷の方に歩いたり近辺を散策していると、本に載っているお店をいくつか発見できる。しばらくは、この本を頼りに食べるところを選べそうで、また鎌倉に行く楽しみが増えました。
| 普段のハナシ | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | |
贅沢
毎年、記念日はパークハイアット東京の最上階(52階)の「ニューヨーク グリル」で、ちょっと贅沢なブランチ。



前菜はブッフェ。生野菜、生ハム、ローストビーフ、数種のチーズ、美味しく味付けされたアスパラやしいたけやエビなど、少しずつ満遍なく取っていく。テーブルに戻ると、オリーブが入った温かいパンが用意されてる。


メイン料理

"セモリナトロフィエパスタとグァンチャーレ ポルチーニ茸とパルメザンチーズのクリームソース"


"オーストラリア産骨付き仔羊背肉のグリル サンドライトマト ベーコンドレッシング クレソン スプラウト"



外はどんより。遠くの靄が迫ってきてる。ここ数年、ここからの眺めはいつもこんなかんじ。天気はこんなでも、ジオラマみたいな東京は、いつまでも飽きることなく見てられる。いい日だな。
| 普段のハナシ | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
那須の人気店
毎年、春と秋に行く恒例の那須小旅行。那須も、道中の佐野も宇都宮も、観光地や名所はある程度行き尽くした感がある。とはいえ、まだまだ見るところというのはあるもんだ。今朝は、那須でもけっこうな人気スポットらしいベーカリーカフェ"ペニーレイン"に行ってみた。



車も人も犬もたくさんでビックリ。店内のパン屋さんも人で溢れてる。パンの中でも人気なのが、「リンゴスター」という名のアップルパイ。とても美味しいと評判だったので、これは購入。食べるのが楽しみ。



パン屋さんの袋も凝ってる!店内にも、ビートルズの写真や、さまざまなアイテムが飾ってあって、ビートルズファンにはたまらないお店のようです。ビートルズの曲が流れるテラスは落ち着ける。お店で購入したパンを、そこで食べてもオッケーらしい。私たちはコーヒーとカフェオレだけだったけど、周りの人たちの食事を見たら、寮も多めで美味しそう!今度は食事をしに行ってみたい。那須には、まだまだ見るところが色々とありそう。

*「リンゴスター」というアップルパイ、食べました。ほどよい甘さ(甘いものやケーキが苦手な私も満足!)。小さなサイコロ状のリンゴが本当に素材の甘さを活かしている感じで、どれだけでも食べられる!という美味しさでした。
| 普段のハナシ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
トーマス・ルフ展
東京国立近代美術館の『トーマス・ルフ展』に行ってきた。

ドイツの写真家トーマス・ルフの作品が約125点。トーマス・ルフの関心や好奇心で作り上げられた、写真という枠を超えた作品ばかりで、ユニークな手法を駆使した新たな写真表現の数々。圧倒、驚き、謎など、視覚を大いに楽しませてくれる。







トーマス・ルフ 『トーマス・ルフ展』東京国立近代美術館
| 普段のハナシ | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
何度も聴いてます
Radiohead(レディオヘッド)の最新作『A Moon Shaped Pool』。6月にリリースされてから、毎日のように聴いてる。私の人生の中で、これほどレディオヘッドを聴いたことなんてなかった。いまさら、ハマる。特に「Burn The Witch」の圧倒する音の世界に、完璧にやられた。夜、バスに乗りながらこの曲を聴いていたら、体と心がグイグイと引っ張られていく感覚に襲われた。なんだ、この感覚。えも言われぬ不思議な体験。これがレディオヘッドの音の威力。この曲から始まるアルバムも、すべての曲が神秘的な雰囲気。飲み込まれる。サマソニに向け、iTunesで"はじめてのレディオヘッド"というプレイリストで何度も予習中。期待値が相当高いレディオヘッドのライヴ、今からドキドキしてる。

"Burn The Witch"



| 普段のハナシ | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/167PAGES | >>