CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
台湾 3日目
台湾3日目。楽しい旅もこの日が最終日。この日も朝から気温が高くて、曇りだからか湿度も高く、ほんの少し歩いただけでも滝のように汗が流れた。ホテルで朝ご飯を食べてから、電車に乗って中正記念堂へ。ここも人気の観光スポットらしい。広大な敷地と巨大な宮殿や門のスケールは圧巻。記念堂の中には、元総統蒋介石の巨大な銅像がドーンと構えてる。その銅像の手前両脇にいる、マネキンのようにピクリとも動かない衛兵も印象的。



電車に揺られ、次は龍山寺へ。ちなみに、駅や電車はキレイでハイテクが駆使されているかんじ。マナーも乗車する前の整列もとてもきちんとしていて、それは日本以上じゃないかと感心。バスも電車も時刻表通りに運転されてた。電車に関しては(それ以外のすべてもそうだけど)台湾通のリーダーに頼りっきりだったので、どの電車でどこの駅で降りるかは、まるで覚えてないという体たらく。

この日最後の観光地は超高層ビルの台北101。世界最速とギネスにも登録されたエレベーターがあるビル。風による振動を制御する巨大な金色のチューンドマスダンパーが見られるのは、珍しいんじゃないでしょうか。





台北101では、鼎泰豊(ディンタイフォン)で小籠包を食べる。有名店なだけに来客は多いけれど、ラッキーなことに待ち時間15分程度で入れた。食べたのは鶏やエビなどの小籠包3種類。ここの店員さんは接客がとても丁寧で、ちょっとした日本語が通じる。台湾のお店(特に行列が出来るお店)は、待ち時間の間にメニューを見ながらオーダーを書き込むスタイルなので、席についてから料理が出てくるまでの時間が短くてありがたい。このスタイルは効率的ですごくいい。

雙連に戻ってから、名物のかき氷。マンゴーを克服できたので、マンゴーのかき氷とあずきのかき氷をみんなでシェア。ふんわりしたかき氷に、新鮮なマンゴーがとっても美味しい。マンゴーが食べられるようになって良かった!



中秋節のお祭りにも遭遇。人々は家の前でバーベキューをするのが風習のようで、そういった伝統的なものを見られたのも貴重な体験。残念なのは私たち、観光したりしゃべったりに夢中で、ほとんど写真が残せていないこと。4人で写った写真なんて、ほんの1,2枚しかなかった。とりあえず、旅の思い出はそれぞれの記憶の中に、ということで。

今回は4人のうち、1人が台湾通で、すべてを計画して色んな所に連れていってくれたのがありがたかった。美味しいお店も、行くべき観光地もしっかりおさえて計画を組んでくれたので、濃厚な台湾の旅をたっぷり楽しむことができた。あっという間の3泊4日。まさか自分が台湾に行くなんて思ってもいなかったし、最初はどんな旅になるんだろうなんて思っていたけれど、初日に空港に着いて台湾の空気を吸った瞬間、4人して「本当に来ちゃったね」と笑い合った高いテンションのまま、連日食べてしゃべって浴びるほど飲んだ、期待以上に最高に楽しい台湾旅行だった。また4人でどこか旅に行こう。
| 旅のハナシ | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | |
台湾 2日目
台湾2日目。この日も気温が高くて(33℃くらい)快晴。ホテルでの朝食を済ませてから、乾物街へ出発。土曜日の朝だからなのか、人はまばら。乾物店には、からすみがズラリと並ぶ。日本では少々値のはるからすみも、ここではかなりリーズナブルな値段で購入可能。





電車に乗って、華山1914創意文化園区へ。その名の通り、オシャレな雑貨店やアートに特化したお店が並んでるところ。ここでのランチは、老舗台湾料理店「青葉」のビュッフェスタイル店「青葉新楽園ー華山店」。時間無制限で美味しい台湾料理がたくさん味わえる素敵なお店。中でも、数十種類の食材を煮込んだ佛跳牆(ぶっとびスープ)が最高に美味。普通のお店で食べようとすると、5,000元くらいするというちょっと高級なスープがビュッフェで味わえてお得。お肌と体が喜ぶスープ。

続いては、バスで1時間半ほど揺られて九分へ。目の前に広がる海が絶景の最高のロケーション。日本の観光客に人気のスポットらしい。商店がぎっしりひしめき合う急な坂道を上がって行くのだけど人の多さと気温の高さで、すぐに汗だく。坂道で人が多いこともあり、かなり体力消耗。休憩はお茶屋の阿妹茶樓(あめおちゃ)。お茶飲み放題+お茶菓子付きで300元。









再びバスに揺られて雙連に戻ってきてから、マッサージ店で疲れた足を癒す。この日の歩数は2万歩!歩いて食べて、また食べて歩いて、心身ともに疲れているはずなのに、しゃべりも行動も止まらなくて楽しくてしょうがない。夜市で食べ物を買って、部屋飲み。台湾特有のスパイスの香りが充満した空気や夜市の人込みにもすっかり馴染んで、すでに帰りたくないと思ってしまった2日目。
| 旅のハナシ | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | |
台湾1日目


今日から3泊4日、友だちと4人で台湾旅行。初めての台湾。飛行機はエヴァ航空。なんと機内はキティさん。オーマイガッド。フライトは3時間弱と、楽々快適。



昼過ぎに台北に到着。空港からタクシーで20分ほどのホテルCU Hotel(西悠飯店)が私たちの宿。築2年くらいのキレイなホテル。

チェックインを済ませてから、小籠包の美味しいお店、高記で少し遅いランチ。蟹味噌の小籠包とか、美味しい。漢字が多いし、風景も少し日本に似てるけど、当たり前だけど空気が違う。海外に来たー!ってかんじ。



その後は、電車に乗って國立故宮博物院に行って、白菜や角煮の翡翠の作品を見る。白菜の翡翠、日本に行ってたらしいので、有名とのこと。王宮のような博物院は、だだっ広くて、じっくり見て廻るには、半日はかかりそう。すべては、白菜。

夜ご飯は、夜市。アメ横のようなところの地下に、ギューギューと食事処が並んでいて美味しそうな匂いが食欲をそそる。台湾ビールに巻貝、カニのフライ、牛肉ののった麺、空芯菜の炒めなどなど、暑さ、塩っからさ、ビール、喧騒、ひっくるめて美味しい。ザワザワした中で、愛想はないのに優しさ滲み出てる店員さん、なんだか雰囲気が平和で嬉しい。4人でワイワイ楽しくて、楽し過ぎて、みんなしゃべり過ぎて、歩いて疲れて部屋でワインの1日目。

明日は九分。夏の気温と太陽の台湾。今までダメだったビールとマンゴーが美味しいって、台湾のマジック。

| 旅のハナシ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | |
倉敷小旅行0923-25
少し遅れた夏休みに倉敷へと小旅行。どこまでも無計画な私たち。行ってみて、なんとなくの行き場所を決めるから、きっと見逃しているポイントも多いはず。だけどたとえば、空腹でさんざん歩きまわって見つけたお店が美味しかったり、とりあえず行くだけ行ってみようとフェリーに乗って話題の島を満喫できたり、こんな行き当たりばったりでも素敵な発見はあるものです。

着いた日は、倉敷の街並みをブラブラと散歩。情感溢れるレトロな建物が多くて、夜になると昼間の喧騒が嘘のように人がまったくいなくなって、虫の音だけ聞きながら感じる落ち着きに心がリフレッシュ。歩きすぎて足はかなりクタクタだったけれど。

*写真はスライドショー形式になっています。次の写真に移動するまでしばらく時間がかかると思います。




2日目は岡山城と後楽園を観光して、あまりにあっけなくその観光も終わってしまったので、フェリーに乗って直島行きを決行。いたるところに作品が自然となじんで置かれていたり、美術館を楽しめたりの話題の島。美術館もいいけれど、高台から望む瀬戸内海と空の壮大な画は、最高の芸術作品でした。



倉敷に行くのも、お城を間近で見るのも、フェリーに乗るのも、島に行くのも、色んなことが初めてづくしだった今回の小旅行。もっといろんな日本が見てみたい、そんな風に思えた旅だったのでした。


| 旅のハナシ | 21:05 | comments(3) | trackbacks(0) | |
グッバイ
2010092513480000.jpg
夕方の飛行機まで時間があるので、近場を散歩。大原美術館で見たエル・グレコの「受胎告知」とムンクの「マドンナ」に衝撃と出会いの感銘を受ける。ほどよくリラックスできた倉敷。次はきちんと計画してリベンジを。

リンキンを聴きながら、これから岡山空港に向かう。昨日聴いていたk.d.langのほうが、風景にぴったりかな。
| 旅のハナシ | 15:31 | comments(3) | trackbacks(0) | |
直島
2010092416320000.jpg
直島、アートで話題の島。もっとちゃんと計画してくれば良かった。ずっといても飽きない。美術館、自然のなかに置かれた作品、もろもろ。展示されている作品もいいけれど、何よりも海や空や自然の光が見せる風景が芸術的。素晴らしいよ。
| 旅のハナシ | 17:53 | comments(2) | trackbacks(0) | |
フェリーの上から
2010092415380000.jpg
こんにちわ。

これから直島に行きます。行き当たりばったり思いつきで来たもので、地中美術館とかの整理券は終了。だけど心地よい風と太陽を浴びながら瀬戸内海を行く。いいね!まぶしいよ、太陽!
| 旅のハナシ | 15:43 | comments(4) | trackbacks(0) | |
これから岡山
2010092410590000.jpg
今日の倉敷は快晴。

ColdplayをBGMにこれから岡山に向かいます。広大な空に包まれているようで、雲が手を伸ばせば触れそうくらい近くに感じます。岡山、どんなところだろう。
| 旅のハナシ | 11:05 | comments(2) | trackbacks(0) | |
夜の倉敷
2010092322150000.jpg
雨上がりの夕方の空は、鮮やかに夕日のオレンジ色に染まって美しかった。ひんやりした空気、人気のない街を歩き、夜のご飯は地元の焼き鳥屋で。

ホテルに戻って飲みなおし。チリ産のモランデ カベルネソーヴィニヨン。ふわって舌の上で広がり、鼻に抜ける香り。存在感じゅうぶんなフルボディ。

明日はどこに行こうかな。
| 旅のハナシ | 22:22 | comments(4) | trackbacks(0) | |
倉敷簡単メモ
2010092314050000.jpg
今朝9時の飛行機に乗って岡山までやってきた。レンタカーでサンタナのニュー・アルバムを聴きながら倉敷へ。激しく降っていた雨は止んで、青空が見えてきた。

これからホテル界隈を散歩。ホテルはホテル日航倉敷、部屋は11F。情緒ある建物が並ぶこの界隈にある。

この界隈は観光客で賑わってるけど、商店街は閑散としたかんじ。ラーメンが食べたかったけど、ラーメン屋が見つからない!こっちはうどんか蕎麦らしい。
さてと、まったり休みin倉敷スタートです。
| 旅のハナシ | 15:07 | comments(2) | trackbacks(0) | |
| 1/5PAGES | >>