CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
<< 構え | main | 22年後の"Beyond The Wheel " >>
本 「張り込み姫」
垣根涼介の「君たちに明日はない」シリーズの第3弾。今回は、それぞれの人の仕事への思い、働く意味、夢をメインにしたストーリー。

英会話学校、旅行会社、自動車業界、出版社。そこで働く4人がリストラ候補として村上真介の面接を受ける。それぞれに働く意味も、意義も、将来の夢も違うけれど、どこか自分の生きざまに責任をしっかり持っているように思える。だから悩む。しっかりと自分の中に決まった芯があるように見える。だけど、実際の社会でこういう人がどれだけいるかなという疑問もある。プラス、自分にもそういう思いや確固たる信念のようなものがあるんだろうか、と。小説なので、当然夢のような話にぶつかることもある。ここまで上手くはいかないと。だけどもしかすると、同じようではないけれど、少しは似ているような状況に当たることもあるかもしれない。働く理由はそれぞれあって、どれもが正誤のつけようはない。ただ、それについて考える時も必要なのかもしれないとも思う。それが、果ては自己の向上にもつながるはずだから。これを読んで、少し私も感化されたかな、なんて思う今日この頃。

 
| 本のハナシ | 19:51 | comments(2) | trackbacks(1) | |
おはようございます。

今の時代で悩みを抱えている人のためにあるような本ですね。俺も読んだ方が良いかも(^^;)。

俺はこの本に出てくる登場人物くらいに、自分で決めた心の芯はあるだろうか?、信念はあるだろうか?と少し考えてしまいましたが…俺にもあります。自分でそれを揺らげず、もっとあるという自信を持ちたいです。  

ところで、この本はシリーズ化されている人気作品なのですね。第4弾も出そうですね。
| Underdog | 2010/06/22 10:07 AM |
>Underdogさん
自分もそうでありたいと思いながら日々やり過ごしている感じがあるので、改めて少し立ち止まって考えてみるのもいいかなと思った本でした。今の時代だからこその内容かもしれないです。
| ali | 2010/06/22 8:49 PM |









http://www.bkhaldex.com/trackback/1252
「張り込み姫」垣根涼介
リストラ請負人・村上真介参上! テレビドラマ化の人気シリーズ最新刊!。企業のリストラを代行する会社に勤める真介の仕事は、クビ切り面接官。「人間にとって、仕事とは何か──」たとえどんなに恨まれ、なじら...
| 粋な提案 | 2011/01/07 6:34 PM |