CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
<< Followill家についていこう | main | スウェーデンから突然 >>
本 「40-翼ふたたび」

誰でも平等に重ねていくのが年齢。
40歳って、ずいぶんと遠くて想像もできなかったのも、
別にそんな遠い話でもなくなってくる。迫ってくる。
誰にでも当然やってくる、40歳。
でも40歳って、今の40歳って、人生半分って言われても、
そんな?って、まだまだ若いって周りを見ていると思える。

それはさておき−

広告代理店を辞めて、万屋的プロデュース業を始めた主人公。
出会う人々は、みんな自分と同じ40歳。
再起をかけて、いざ彼らの人生をプロデュース。
なんていっても、はてどうやって再起させる?
自分はどうなってる?40歳って、どうなの、実際。

主人公の喜一が出会った(プロデュースに一役買った)人々の話。
今の世の中で、起こりうる実にリアルな題材を持ってきてる。
話だけ取り上げれば、実際にこんな夢物語みたいなことはないよ、
と思ってしまう。

それは小説として置いといて−

なぜか夢物語みたいな話をちょっと引いて読んでいくと、
そのストーリーの中に、不器用でももがいても
生きていくってことのヒントがある。うまい。それが非常に巧みに
どこにでもヒントがポツンと出てくる。
あ、そういうことか。そう思う言葉が、誰にでもはまる言葉が出てくる。

うまいな。
大きな形として見えるものを失った時、
人は絶望して不幸のどん底に落ちて周りが真っ暗になってしまう。
でも、本当は幸せってそんな見えるものばかりじゃないんだってこと、
それがポツン、ポツンとヒントとして置かれ、それがきっちり伝わる。

かなり泣かせるストーリー仕立てで、書いてる本人も
書きながら泣いてるんじゃないかと思うくらい。
でも、ヒントは心に響いてきた。そっか、そうなんだ、って。
| 本のハナシ | 21:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |
40-翼ふたたび、ですか。今の所40の頃の自分は全く想像出来ませんね;。こういった話になると、本当にその頃の俺はどうしているんだろうと気になって仕方がありません。考えない方が良いとは自分でも思うのですが。

本当の幸せというのはなかなか見つけにくいものだとよく聞くのですが、それはこの本でもそういうことを教えてくれそうな一冊です。一つ一つのヒントは一体何なのか、実際に読んで確かめてみたいです。今の俺にはとても必要になるかもしれませんし。
| Numb | 2009/02/28 8:22 AM |
>Numbさん
まだまだNumbさんには40歳というのは遠いですよね。イメージがつきにくいのも当然です。ただ40歳に限らず、どんな人にも当てはまるヒントがあるので、興味があったらぜひ。
| ali | 2009/02/28 8:45 PM |
そりゃ20年も向こうの世界なんて想像しようったって無理。
けど、何を積み上げていけるか、今何をしておくべきか、は年齢問わず考えられるよね。

スペイン料理屋でにんにくまみれでバイトしていた20年前にバー・カウンターで学んだトーク術。
今となれば自分が営業職で駆使しているプレゼンやネゴの礎は間違いなく、それ。
| ごう もしくは・・・ | 2009/03/01 8:52 AM |
と、のたまう自分は
嗚呼40歳。。。
つうか、あと3か月で41歳か。。。
| ごう もしくは・・・ | 2009/03/01 8:54 AM |
>ごう氏
そうなんだよね。これから何十年か先を見るよりは、今何を習得していくかが、それが意識的じゃなくても先に役立つ。そういうのに、後で気づくんだよなー。思い起こせば、初めて見たごう氏は、まだ20代だったんだ・・・。
| ali | 2009/03/02 11:11 PM |









http://bkhaldex.com/trackback/712